読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラあなたが眩しくて

いつから沼に落ちたんだろう

#櫻井翔ラップ大賞2017

いつものごとく夜な夜なツイッター徘徊をしていたら素晴らしい企画を開催している方がいらっしゃったので、今回もまたまた便乗して勢いでやってみようと思います。

-------------------------------------------

櫻井翔ラップ大賞2017
【名前】ももた

【担当】櫻井翔

【好きなラップ】

1位:Step and Go
理由:唯一歌詞を見ずに歌えるラップ。それぐらい大好きで聴き込んだ曲です。この曲のラップ詞を見る通り櫻井くんは本当に人と人との出会いを大切にしていることがわかります。

包み込む日々が輝きだすのは

時がそれを彩り光るから

櫻井くんはこの部分のラップ詞が持つ意味を「胸に包み込んだ日々が輝いてしまうのは、過ぎ行く時間が思い出を彩る事によって光るから。」と解説しています。アイドルであり、キャスターでもある彼だからこそ、人との繋がりを日頃から大切にしていることがわかる、非常に櫻井くんらしい表現になっています。今まで出会ってきた人たちとの思い出は重ねてきた時によって、いつまでも心の中で光輝いているよ、ってなんて素敵なの…。ますます魅力が溢れ出して止まらないよ櫻井くん。私も交点の先に櫻井くんが待っていてほしいですお願いします頼みます。

あとこの曲を歌ってる時の櫻井くんが堪らなく好きだよ〜〜〜。

 

2位:太陽の世界
理由:櫻井くんのラップから始まるテンションぶち上げソング。至るところにC&Rするところがあって、まさにコンサートで歌うために作られたような曲。私の中の嵐コンではこの曲を一曲目に持ってきてます。最初からぶっ飛ばしてるけど絶対これは盛り上がるぞ。現に私の脳内ではめちゃくちゃ盛り上がってる。

貪欲な若葉 is in de house yo(つまり登場)

この最初の歌詞に出てくる「is in de house」が今までどういう意味かわからなくて、今回調べたら「in da house」はヒップホップでのスラングで「ここにいた」や「ここに来た」という意味らしい。まさに登場曲じゃん。てか括弧内に「登場」ってちゃんと意味を記して下さってる。優しい…ありがとう櫻井くん。今の今まで全く気が付かなかったよ、ごめんね…。

その歌詞に続いて、

Everybody say HO!(HO!)
の合図で皆をここからTAKE OFF(OFF)
至福の時間を俺らが提供(KYO)
ご準備出来たら着替えて盛装(SO)
ありがと清聴

私共愚民に至福の時間を提供してくれるんですねありがとうございます(泣)(泣)(泣)ってなる。こっちはもうコンサート始まる数週間前から服選んで身体スクラブで擦りまくって美容院行って準備万端だぜ!あとちゃんと「ありがと清聴」って言ってくれるとこまじ誠実。

どけどけのけのけ邪魔ですそこのけ
皆がホレボレ ただちにモテモテ
近う寄れ寄れ そっちで揉めとけ
俺の手取れ取れ 凄まじい光景
無理だよ到底 おたくにとっては冒険
(OH!?盲点?)or挑戦? そうこれしき当然(一丁アガリ)

もう歌詞の通り貴方達に皆がホレボレだよ天晴れだよ。いつも私たちに凄まじい光景を観させてくれてありがとうございます。ほんと一丁あげられる。あといつも「無理だよ到底」が「無理だよ童貞」って空耳アワーしちゃう。童貞に厳しい嵐(?)


3位:NA!NA!NA!
理由:ラップはついつい一緒に歌いたくなるようなリズム感のある歌詞で聴いてて本当楽しくなります。最初の「はっはーい!」はいつも聴きながら心の中で歌っちゃってる。この曲って明るくてアップテンポだから楽しい曲っぽいけど、ちゃんと歌詞見ると人との別れを歌っている切ない曲になっててそのギャップが魅力の一曲。

どうした?そんなに汗かいて
まあまあ、焦らないで

まずは、落ち着いて話をしたいね

汗かいてるぐらい焦ってる人に落ち着いて話をしようって言っちゃうとこ、まじ櫻井翔って感じだ。すき。

 

【好きなラップ(未音源化)】
1位:Anti Anti

櫻井翔-Unti Unti @ 隨意窩 Xuite 影音

(↑久々見たけど超絶格好良かったので、是非に)

理由:櫻井くんが最初にいうフレーズの「ならアイドルがどれほどが見せてやるよ!」でもう即死。

当時アイドルがラップをすることに対して批判的な人もいて、そのアンチに向けて櫻井くんがこの曲でぶちかましてるんですけど、曲中に出てくるフレーズが今の彼だと絶対書かないであろうストレートかつ攻めたラップ詞がめちゃくちゃかっけぇんすよ・・・ほんとサクライサァン⤴︎⤴︎⤴︎て感じで。

中でもここ↓がすごい好き。

How many girl did you get?

俺はこんだけ人数いるぜ

アンチに対して、お前らそんな持論ばっか語ってるけど、女どれぐらいゲットできたの?俺はこんないるぜ???ってこの盛大な煽りやばくないですか????そして自分が"こんだけ"の中の一人になれたことが泣ける。この世界に乾杯。

 

【好きなラップ(現場)】
1位:Hip Pop Boogie ChapterⅡ
理由:BLAST in Miyagiでこの曲を歌ってる櫻井くんを見て、心の底からこの人のファンでいてよかったと思いました。

君たちとなら歩いてく

ほんとこの人は出だしからやってくれるよ…。この「君たち」は多分というか絶対、メンバーとファンってことだと思うんだけどそれを初っ端から持ってきちゃうあたりがやばい。

こんな景色はみんなのおかげ
ここまで連れて来てくれるなんて

みんなのおかげでってこの「みんな」もメンバーとファンだよね。そんなこと思ってくれるだけで死ぬほど嬉しいし、むしろこっちがこんな素敵な景色を見させてくれてありがとうございますだよ!!これからもずっと貴方達にこの景色を見させてあげたい!!!ってあの時強く思いました。ChapterⅡは元のものより、ファンの方々に対しての感謝の言葉が散りばめられてあって、改めて今回歌詞を見てみたら涙が自然と溢れ出してきた(泣)

 

元の歌詞にある、

きっと時代は手の中に

だったものがChapterⅡだと、

いま、未来は瞳の中に

と変化しており、この人たちは様々な夢を実現していったのに未だ未来のことを眺望している。貪欲なまでに探求し未知なるものを創造しようとしていく姿勢がもうなんかすげぇよ怖いよ。歌詞中でも、

後追いども皆まず 至らず

これはまだまだ後輩たちには俺らの座は譲らねぇぞってことだよね。めちゃめちゃ先輩、後輩のこと煽ってるじゃん。でも後輩たちに俺らを越えるぐらいになってみろってことの暗示だと思うから櫻井くんなりの後輩への言葉なのかな、正直こんな先輩超怖いけど…。

 

全体的にこの曲は自信たっぷりで強気!って感じだけど、自分のことを「放蕩息子」や「大卒のアイドル」「温室の雑草」っていう表現で卑下してる。確かに嵐は事務所の力もあって、周りに守られて此処まで来たけど、決して苦難なくスムーズに今の場所まで辿り着いた訳じゃない。他のグループに比べてデビュー後からブレイクするまでの時間が長かった。けれど、彼らの努力の積み重ねによってブレイクし、この曲でここまでこれたのはファンであるみんなのおかげだというのを歌で伝えてくれたことが本当に嬉しい。自信たっぷりの曲かと思いきや謙虚さも入れてて、軽率に惚れてまうやろ。

 

f:id:mmt_oO:20170207213550j:image

宮城で櫻井くんの「MY LIFE IS MY MESSAGE」全力で受け取ったよ。そして今後も全力で受け取っていきたいし、ステージでいつまでもキラキラした櫻井くんを見ていきたい。

-------------------------------------------

今回このブログ書きながら、改めて櫻井くんの凄さを感じました。本当超格好良いんだよなぁ櫻井翔って。今後も櫻井くんが作り出すラップ楽しみにしております。

素敵な企画をありがとうございました。